幽玄なるかな淫靡なるかな剛毅なるかな


by reddragon_samael

新病

医者は難しそうな顔でこちらを見ていた。

僕もまた、できもしない分数の暗算でも舞台上でやらされているかのように、何とも言いがたい手持ち無沙汰の状態で医者のほうを見ていた。

さらに言えば、看護婦の視線は興味がなさそうな様子で手にもっている診断書と医者を交互に行き来していた。

症状は極めて簡単だった。
何かがおかしい。

それがわからないから、何がおかしいのかを医者に聞きにきたわけだ。
すると医者はどうしましたかと問う。

僕は中空の一点を見つめ、そこの空間にあるはずの真空から生まれては消えるエネルギーについて、ふと思いを馳せてから、青白い医者の顔を覗き込む。

そして吐き気を催していることを知った。

医者に行ったとき、いつも説明する言葉を知らない子供の気持ちを再確認する。

ある日、自分が正体不明の奇病に罹ったことを知った。アジア旅行から帰ってきたことが原因だとも思えなかった。僕がとりあえず医者に来たのは、不安のあまり、病気だ病気だと連呼する息子を見かねて、親が医者に行けと軽々しく言ったことが原因だった。今となっては、もともとどうであったかなどという話はどうでもいい。
病院に行くのは嫌いなほうだった。誰かと比較したわけではないが、十人人間がいれば、その中で三番にランクインするくらいに嫌いだった。それは、この手持ち無沙汰が耐え切れないからだった。

「何かがおかしいんですよ」
「体のどこかが痛むとか?」
「痛みはありません。いや、痛みめいたものはあります」
この痛みめいたものとは何か。

「どのあたりが?」
「いわば全身なのですが、どこかに特定しろと言われれば、特定されたどこかが常に痛みめいたものを抱えているように思えます」

「神経的なものでしょうか」
「そうかもしれません。僕には腕が見えているもの以外にもあと何本もあるんですよ。そしてその目に見えない腕すら痛むのです」
「幻肢……」
「今、確かに腕と言いましたが、それは腕ではなく、延長と言ったほうがいいですね。なぜなら足にもあり、頭にもあり、指にもあり、存在しない何かが痛み、訴えるように何かを叫んでいるからです」
眼鏡の奥の医者の瞳がせわしく瞬きをしてわずかに揺れた。

「今も耐えられないほどに痛いと?」
「先生、幻覚、幻聴だと思ってますよね。スキゾフレニアだと」
「痛み止めが必要かもしれません。痛みを感じているのは脳ですから。様子を見てみる必要はありますが」
これを誰かの痛みだと僕は思っていた。自分の体が人の痛みを受け付けるようになったのだと。

僕の思っていることは正しく、そして間違っていた。

三日後、僕は交差点に無茶に進入してきたタクシーに轢かれて死んだ。

しかし、死後の世界というのはそれほど代わり映えしないものだった。
相変わらずあの世には行けないし、見知ったこの世が活動拠点なのだから。

数日前の自分にとり憑いた自分が、全身に感じるべき痛みを感じないままで、どこか痛そうにしている自分を眺めるのは、そう面白い光景ではない。

ただ、僕はまだ別の痛みを感じていることに気づいた。

本当の体は、一体どれなのか。いや、体などどこにもなく、ただあるのは、幻肢にしか過ぎず、痛みも得体の知れないどこかからやってくるのかもしれない。

死んでなお、まだ何度でも未来から。

よくできた世の中だ。
[PR]
# by reddragon_samael | 2010-11-02 05:33 | 読切のたわ言
島に行きたい症候群にかかってしまった僕たちは、とりあえずこの症状の治療を行うべく、最も近い島伊豆大島へと向かったのだ。

早朝に大島に着いたので、とりあえず温泉に入ってしゃっきりすることにする。

そう、その温泉こそ、愛ランドセンター御神火温泉なのだァッ!

ここで我々は大島が愛ランドなのだという深遠な事実を知らされたわけだ。

いやー、すごいね。センスが炸裂しているね。アハハ。

肝心の温泉ですが、打たせ湯とか、サウナとかいろいろありまして、500円(ホテルで割引券をもらった)。

うん、悪くない。

そして朝食セット。トーストとゆで卵だというので頼んでみた。
すると、食パンとトースターが用意してある。
そして、ゆで卵がボールにたくさん入っている。

あれ? これは? まさか。

「どうぞ、ご自分で焼いてください」

ご覧ください、皆さん、お待ちかねの、朝食セルフサービスです。

いやー、いきなりエンジン全開ですね、兄さん。

というわけで、ありがたく、トーストを2枚食し、腹を適当に満たし、我々は最初の目的地リス村に旅立った。

何でも放し飼いのリスと戯れられるという、リス好きならば涙を流して歓喜する施設なのだ。

さっそくバスでリス村に乗りこむ。

まずは今(3月19日)が季節らしい、椿がお出迎え。微妙な咲き加減。

e0092736_0424998.jpg


何だか捨て置かれたようなプレーリードッグを通り過ぎ、ついに奴らのもとに辿り着く。

餌代を払い、ヒマワリの種を受け取って、突撃する。

角材っぽいものが四辺形に組まれているような、リスの基地らしいものが4つほどある。

そして、そこにいるのは眠そうなリス、リス、リスっ!

多いなー。

だが、我々が来ても、リスは眠いのか、あまり反応しない。
一部の食いしん坊たちだけが、我々の餌を貪り食う。

そして、そいつらはやたら器用で食うのが早く、やたら元気なのだった。
不意打ちで、後ろから飛び掛ってきたりする。

こえええええ!

最終的にはこんなふうにけっこう集まってきていた。

e0092736_043948.jpg


聞いたところによると、野生のリスを捕まえてきて人から餌をもらえるように訓練するらしい。

だが、リスなぞ序の口であった。
本当のホラーはここからなのだった。

そう、僕たちが最も餌をあげ慣れていた動物であるところの兎さんが待っていた。

それもたくさん。

ギンビスのアスパラガスに似た焼き菓子の餌を持った僕らを待っていたのは、この地獄絵図だ。

e0092736_043303.jpg


ひえー。目がマジです。柵の向こうが大変なことになってます。

一旦、柵の向こうに出ると、兎たちが牧羊犬のように僕らを追い立てる。

いやー、兎に追いかけ回されるなんて、なかなかできない経験だよね。

これははっきりと恐怖のレベルだった。

相手が小さくても、大量に来られるとなかなか怖い。

大島最大のインパクトはこうして僕の記憶に焼き付けられたのだった。
[PR]
# by reddragon_samael | 2009-04-06 00:46 | ちょっとやんちゃなたわ言
そんなわけで僕たちは大島に向かう船の上にいた。

消灯は11時だったので、僕たちはデッキに出て、海と離れていく陸の明かりを眺めた。
ぼうっと波と街明かりを眺めるのもたまにはいいものだ。

e0092736_144122.jpg


初めはなかなか風が強く、身を乗り出すには恐怖感があったのだが、二回目にデッキに出たときには、恐さをあまり感じなかった。

後から判明することだが、それにはばっちり理由があったのだ。

そう、それは、あの8時間の旅の答えでもあった。

それは消灯する前くらいだっただろうか。

この船は、時間調整のため、東京沖にて、停泊いたします云々。

停泊???

そういうことか。早く着き過ぎないようにわざわざ沖で止まるんだな。

じゃあ、もっと遅い出発にしてくれればいいのに。

港に停めておくにも、何らかのコストが発生するのか、竹芝を使う船の数が多すぎてどちらかが前に出なければならないとか、まあそのへんだろう。

疑問が氷解し、すっきり眠れるものかと思いきや、夜中に動き出したエンジンの音とか波の揺れとか慣れない枕とか、原因はよくわからないが、とりあえずほとんど眠れず、大島に到着した。

正直、ほとんど眠っていないグロッキー状態だと、到着した感動も半減である。

e0092736_1443367.jpg


そして、ぼやけた意識で見る、我がカメリア丸の雄姿はこんな感じ。

e0092736_145033.jpg


ちなみにカメリアとは大島名物の椿のことらしい。

いよいよ、大島に上陸! 次々と襲い来る動物たち! 果たして無事に帰ることができるのか!!
[PR]
# by reddragon_samael | 2009-03-31 01:47 | ちょっとやんちゃなたわ言