幽玄なるかな淫靡なるかな剛毅なるかな


by reddragon_samael

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

モゴラーニャForever

虫の知らせで減塩梅干を切らしていると悟ったモゴラーニャは、忍び寄るゲルグロッツィがその手を柿ピーわさび味に伸ばした瞬間に、瞬間湯沸し器のごとく怒りだし、興奮のあまり全身の毛穴から湯気を発したかと思うと、すばやく身を翻しゲルグロッツィのバックをとり、いきなりジャーマンスープレックスをぶちかまして、そのままジャーマンスープレックスホールドに入った。

ブラックペッパー頚部の骨にヒビが入ってしまったゲルグロッツィは、どっしりとしていてねっとりとしている汗をかきかき、いたく苦しみ抜き、ぼそっとつぶやいた。

「女装をして町内一周だなんて」

骨折した足を引きずるヴォルフガングは、ボディペイントをしていれば裸でも恥ずかしさは軽減されるものだと力説し、黒塗りのままでの女装の必要性を強く訴えた。

それを聞いたゲルグロッツィは、両手で鰻を掴む練習をしながら、その手に掴んでいたあぶく銭の少なさにショックを受けつつも、慄然とした。

エゲレッチョ・ルンバ・イモビライザ姫は、いいんか帝国を平定した際、あぶく銭マニアになり、それまで大好きだったダイナモを生簀に放り投げたことは、少なからず知られている。
それを見ているはずだった執事パンダカイザーは、必死に老化防止の指の運動をしていた。彼の人差し指同士は、執拗なまでにぶつかり合い、しのぎを削っていた。そのため、ダイナモは一つ残らず闇鍋の具になったのだと村の老人連中は自慢げに話すものだ。

「目覚めよ、ダマランチ・レヴォリューションX!」

ゲルグロッツィはホールドされた苦しい体勢からダマランチ復活の呪文を叫ぶ。

静かな波の音と小鳥の歌声だけが聞こえていた。

しかたなしにヴォルフガングは説明した。

「最近呪文変更の通知が来てたぜ」

力を振り絞った叫びもむなしく、ゲルグロッツィはホールド負けを喫し、その筆舌に尽くしがたい悔しさに地団太を踏んだ。

勝利に湧くモゴラーニャ陣営では、前髪の長さを気にしながら、サーロインステーキにむしゃぶりつくモゴラーニャがやっかみ混じりに冷笑されていたが、なんとそれが皆が見たモゴラーニャの最後の雄姿であったのだ!

サーロインステーキはゲルグロッツィが用意した致死量のにんにく入りだったのである。
しかも、アーモンドの匂いもしたりとかしなかったりとか。
その匂いの凄烈さに無意識のうちにアハンエヘンオホンして、モゴラーニャはこう言った。

「壊れるほど食しても、3分の1も伝わらない」

ありがとう、モゴラーニャ。
さようなら、モゴラーニャ。
[PR]
by reddragon_samael | 2006-07-21 04:35 | モゴラーニャの冒険シリーズ

紫の朱を奪う!

HPランキングが122位だったゲルグロッツィは突然、一位の座に傲然と居座り続けるヴォルフガングを陥れ、一位の座を奪い取った。

哀れヴォルフガングはブリーフにハイソックスというかなり恥ずかしい格好で交番の前を行き来させられるのだった。

そのまじないの結果、どういうわけか脳内キャラクターだったゲルグロッツィとヴォルフガングは、モゴラーニャの目の前に実体化したのである。
そして、登場早々、ゲルグロッツィは、ネクレンジャーレッド白村和年とキバミング(隊員一人)を力いっぱい罵った。

「この有象無象が!」

その言葉がすべての引き金になり、風が吹けばオーケストラが儲かるの方式により、ネクレンジャーレッド白村和年は普段の塩分取りすぎが祟り、高血圧に倒れ、キバミング(隊員一人)は高コレステロール食品の食べすぎが功を奏し、血栓により倒れた。

敵が次々と倒れるのを見て勝ち誇ったゲルグロッツィは、堂々としすぎながら宣言した。

「これからはHPパラダイスだ。ヒューレット・パッカードなき者は滅びるのだ。オレは王、世界の王、宇宙の王、異次元の王、異次元掃除大好き魔王!」

そう言い放ち、世界を一瞬で黒ペンキで塗りたくり、ヴォルフガングに意味ありげににやりと笑うのである。

ヴォルフガングは黒く塗られたおかげでばっちり恥ずかしくないので跳び上がって喜んだが、その着地の瞬間に骨折したことはあまり知られていない。

そして、ゲルグロッツィはダマランチに操られていることも知らず、モゴラーニャの背後に忍び寄るのである!
[PR]
by reddragon_samael | 2006-07-08 00:18 | モゴラーニャの冒険シリーズ

ATMの怪

ATM。

Asynchronous Transfer Mode。

Aniki no Takumasii Munage。

すみません。やりすぎました。

Automated Teller Machine。

それはあの裏にお金とか技術とか魔術とか色んなものの粋が結集していると噂のアレです。
お金を食べたり吐いたりするでっかい機械です。

僕もよく使うのですが、今日はそんな街角の脇役くんにまつわる事件をここに記そうと思います。

その日は家賃の振込という一大イベントがあったのだが、振込をする口座の残金がなかったので、お金を口座に入れなければならなかったのです。

ウチの大家はちゃんと振り込んでいても、振り込んでないだろうとあらぬ疑いをかける債権回収のプロフェッショナルです。
以前、ちゃんとお金を払ったのに、督促の手紙を見ていないだろう、郵便物も見ないのか、と電話で罵られました。
もちろん、そんな手紙は来ていませんでしたよ。
当時はとてつもなく嫌な気分になりましたが、なぜか契約を更新する引きこもり街道まっしぐらな私です。
そんな私ですが、振り込まなかったら大変な目に遭う、と戦々恐々としつつ、某コンビニのATMに向かったのです。


事件1:24時間ATMが何と使えないだってぇ!?

「点検しているのでATMは使えません」
「どれくらいかかるんですか」
「30分くらいかかります」
まあ、何といいますか、ATMも点検しますよね。
点検すれば30分くらいはかかりますよね。

……て、30分も待てるか、コラぁ。
こちとら、昼休みも終わってるのに、わざわざ出かけてきとるんじゃ。
何でこんな真昼間に点検するんじゃ。

と言えるはずもなく、失意に肩を落としつつ、退散。
しかも警備の人(点検してる人に加えてなぜか警備の人もいます。なぜかっていうか理由はわかりきってますね)は若干横柄でストレス耐性ゼロの僕を攻撃してきました。
「ダメです。30分です(はよどっか行かんかい、このボケ)」
きっぱり。愛想なし。
チェッチェッ、死んじゃえばいいのに。


僕は会社に戻り、もう一度同じコンビニに行くつもりだったのですが、ものの見事に失念しまして、気がついたのが終電近くの電車の中でした。

仕方ないので、家の方向と逆側にあるコンビニに行きました。

そこにも昼間行ったのと同じようにATMがあります。
ユニヴァーサル・サーヴィスって感じでしょうか。都内限定。←ユニヴァーサルじゃねー。

で、ちゃんとATMが動く幸せを噛みしめつつ、カードとお札を入れました。


事件2:ATMってパソコンみたいに固まるんだね!!!

札を入れてから、ヤケに枚数を数えるのに時間のかかるATM、名づけてアトムくん。
なんかヤな予感。またも問題発生!?
アトムー!
がんばれ、アトム。
ちょっと欲張って口に入れてみたものの、餅を喉につまらせて死にそうになっているみたいな感じで、活動停止。

画面が赤くなり、
「取引中止、備え付けの電話で電話をかけてください。
受話器をとるとつながります」

ハ?
僕が電話かけるんですか。
あのすみませんが、知っている人に電話かけるのにも躊躇しまくる私に電話をかけろとおっしゃいますか。
拷問だね、嗜虐的行為だね。
コンビニの店員は何もしないんだね……。あのアトムくんは置いてあるだけなんだね。

背に腹は替えられず、受話器をとる。しかもそのとき、ウォークマンを聞いていて、手に持っていた鞄に本体が入っているという、微妙な状態だった。
ウォークマン聞いてて電話できるわけねーだろ、そうツッコミを入れた方。

正解。

慌てて、ウォークマンのイヤホンを外すも、絡まってわけわからんことになりつつ、応対の女性の声が聞こえたのだ。
「☆*$ЭΨです(まったく聞き取れませんでした)」
恐慌状態。ウワー。パニック。
「あ、もしもし、お金を入れたらATMが止まったんですけど」
ソツのない応対で僕を誘導するお姉さん。
電話口でアトムくんを動かせるらしく、画面が変わり、暗証番号を入れさせて、カードのみ救出。
だが、お金は出てこない。
アトムくんは一度掴んだお金は放しません。

で、お姉さんは
「30分ほど待っていただけますか。係の者が向かいます」
と言うた。

また30分かよ。いきなり30分待てというのも酷な話だ。
この人たち、他人の時間に無頓着過ぎるだろ。
ま、このお姉さんや昼間の警備の人が悪いというわけではないんだけどさ。

結局、お姉さんがあまりにも申し訳なさそうに喋るので(何というプロフェッショナリズム!)、了承せざるを得ません。

こういう電話応対が若い女という理由がよくわかった。

一度家に帰ると言うと、携帯電話番号を聞かれて、何だか納得いかないことばかりだ。

なぜ、トラブルに巻き込まれた側が一方的に情報提供をさせられるのかよくわからなかった。
情報提供をすべきは逆のような気もする。
情報を得るのにはそれなりの代価が要るものだ。

けど、そういうのはマニュアルで決まっていることなのだろう。
そのマニュアルには顧客(ATM利用者)に対する傲慢さのようなものがある気がする。
総じて、お姉さんの応対は見事で、思わずお礼を言ってしまうくらいだった。
クロダさん、すばらしかったですよ。

僕は一度家に帰ったものの、すぐにコンビニに戻り、お金を受け取った。
なぜか警備会社の人なのである。
ATMのメンテナンス業務を請け負っているのだろう。
今度は免許証を提示し、名前と住所を書かされた。

本当にあのATMに関わる会社は数多い。

コンビニを置いている店舗とそれを統括する会社(A)。
ATMを置いている銀行(B)。
ATMを利用できるようにBと提携している銀行(C)。
ATMのメンテナンスを請け負う会社(D)。
場合によってはメンテナンス中の警備を請け負う会社(E)。

さらに問い合わせを受けたあの女性の部署がアウトソーシングならもう一つ別の会社が介在するということになる(F)。

これだけいろいろな会社がいて、責任を明確にしてやっていけるのがすごい。
もしかしたら、僕が今回出会わなかった部分で齟齬があるのかもしれない。

て、散々アトムくんに泣かされつつ、普段あまり触れない部分と関わったおかげでいろいろと考えさせられました。

アトムの怪。あいつもよく壊れるんだなぁ。

ピン札を入れるときは気をつけるんだ、みんな。
[PR]
by reddragon_samael | 2006-07-01 13:21 | ただのたわ言