幽玄なるかな淫靡なるかな剛毅なるかな


by reddragon_samael
いつもどおりに無軌道無計画人生まっしぐらということで、突然僕たちは島に行きたくなってしまった。

男は海に憧れるもんでい!

そんなことを言い出してから、半年以上が経過した。

しかし、僕らの情熱は、決して消えはしなかった、むしろ、より強く熱くなっていたのだ!

そんなわけで、僕は友人とともに3月18日の夜、島に向かうべく東京竹芝から乗船した。

行き先は伊豆大島。

東京から最も近い島ということで、かつてはかなり人気があったらしいが、最近は訪れる人の数も減少傾向にあるらしい。

夜の10時に出航し、朝の6時に大島に到着する。
8時間の旅だ。

まずここに大きな疑問が一つある。

友人曰く、帰りはジェット船で2時間の行程。

4倍だというのか?

ジェット船は、確かにジェットエンジンがどわーってなって爆裂的に速そうだが、4倍はすごすぎないか?
というより、本州の伊豆からかなり近い大島に8時間かかる方がなんだかかかりすぎな気がする。

さてさて、どういうことなのか。

そんな疑問を胸に抱きつつ、乗船する。
僕らの部屋は、二等客室で和室らしい。

ふむふむ。

部屋番号を見ると、下に下に行くよう指示されている。
地下三階くらいまで下りていき、僕らが一泊する部屋に到着する。

その部屋を見た瞬間、僕は自分の和室の概念が崩される音を聞いた。

こんな感じ。

e0092736_23192230.jpg


和室……だと?
ヒャッハー、こいつはどこにも和の要素がねえぜ!

しかも、このスペース以外のスペースともロッカーのような仕切りはあるものの、空間としては完全につながっている。

ここに雑魚寝だと……いうのか。

小学校の体育館に避難生活をしている人が頭に浮かばないこともない光景である。

続く。
[PR]
# by reddragon_samael | 2009-03-29 23:18 | ちょっとやんちゃなたわ言

その日のコンビニ店員

知る人ぞ知ることなのだが、僕はロッテのチョコパイに目がない。

チョコパイといえば、チョコレートコーティングされたスポンジの間にバタークリームを挟んでいるお菓子だ。

最高だ。最強だ。そのうまさ、神のごときチョコパイ。
どうでもいいことだが、僕は、徐々にチョコパイのサイズが小さくなっているのを密かに嘆き悲しんでいる一人だ。

近頃、チョコパイアイスなるものが発売されたらしく、コンビニのアイス売り場に並べられていた。

もちろん、チョコパイ教の狂信者としては、試さないわけにはいかない。

チョコパイアイス一つを持って、僕はレジに足を運んだ。

「126円です」

仕事場付近のコンビニは例外なく、店員が中国人か韓国人なのだが、そのとき、レジ担当していた人も例に漏れなかった。
しかも、入りたての新人オーラを全身から放出しているではないか。

まあ、新人だろうと何だろうと仕事してくれればいいわけで、僕は150円を出す。

「袋要りますか?」
「要りません」

そうすると、女店員はお釣りを渡して黙っている。

李下に冠を正さず、を時々モットーにしている僕としては、商品をそのまま持って店内から出るのは気が進まない。

「テープ貼ってください」
「はい?」

もう一度言う。
「テープ貼ってください」
「…………」

何を思ったのか、次のコンビニ店員の一言。

「温めますか?」

「!!!!!!」

温める? WHAT? これはチョコパイ「アイス」だぞー。
そんな斬新さは求めてない。てか新しすぎるだろ。

僕は決死のジェスチャー。温められたら、このアイスは死ぬ。確実に死ぬ。

「いやいやいや、温めないでいいんでテープ貼ってください」

なんやかんやでテープを貼ってもらい、コンビニを後にした。
すごく、疲れた。とても、疲れた。

きっとあのコンビニ店員は、誤ったマニュアルでも読んでいたに違いない。
そうでなければ、突然毒電波にやられてマッド状態になっていたか、悪の秘密結社の構成員で僕をはめようとしていたか、おおよそそのあたりに違いない。

もうそういう罠はたりてるんで、けっこうです。

ちなみにチョコパイアイスはおいしかった。ちょっと高いのが玉に瑕。
[PR]
# by reddragon_samael | 2009-02-01 01:22 | ただのたわ言
富士山山頂にて。

友人を待って20分ほど、見事登頂に成功した人たちの記念撮影をお手伝い。

そして、下りは、砂砂砂砂。…………飽きた。

ほぼ休憩なしで降りつづけ、バスの発着場まで4時50分頃に戻ってきた。

おわった。すべて。

夜、無事帰宅。

シャワーを浴びて、泥だらけになったズボンを洗濯した。
そこで気づく。

アレ、携帯がないよ。

途中で電池切れを起こしていたので、リュックに放り込んだつもりだった。

あ、みなさんお気づきですか。

奴はいました。

脱水が終わった洗濯機の底にな。

おお、液晶よ、死んでしまうとは情けない! しかし、なぜか充電はできる。

こ、これは!

はい、もちろん、本体も死亡。

ナイス、ご利益、富士山サイコー。
[PR]
# by reddragon_samael | 2008-08-21 02:25 | ちょっとやんちゃなたわ言