幽玄なるかな淫靡なるかな剛毅なるかな


by reddragon_samael

廃村ツアー②

鳩ノ巣には、登山しに来る人と、峡谷に行く人があるらしい。
登山する人は、きっちり準備しなきゃだめだぞ。
水とか、チョコレートとか持たなきゃだめだぞ。
ついでに、登山申請なるものもするらしいぞ。

が、廃村は途中まで上るが、登山そのものとも違うらしい。
というわけでそこらへんで水を買って出発。

川乗山・本仁田山なる看板。
どうやらそっちのほうへ進むらしい。

が、山道に入る前に、アスファルトの時点ですでに急勾配。
いきなり、足が乳酸出しまくりんぐ。音をあげるオレ。
これは運動不足とかそういう問題なんだろうか。

さらに山道はひたすら急勾配。
山の緑とか紅葉は確かに美しいのだが、そんなこと言ってられない。
石ころが多くて足場が悪く、段差も大きいので、何度もこけそうになる。

「無理じゃね?」
「うーむ、休憩だ」

一回目の休憩で、下で買った500ミリペットの半分近くを飲み干してしまう。
坂が急なためか、けっこう汗をかいていた。

あとは無言。
あまりにも下調べをしてこなかったので、どれくらい登るのかも見当がつかず、なんか出てこいや、といった感じ。

こういう無駄なことにはひたすら根性。
何度か休憩しながらも、あきらめずに登っているとやがて祠を発見。
さらに登ると上り坂が見えなくなってきた。
地獄のような上りもここいらで弾切れのようだった。

はっはっはー、甘いな、鬼軍曹!

看板があって分かれ道になっている。
看板は戻ったら駅に着くことと、通常の登山道はそのままゆるい上り勾配を進んでいくことを示していた。
だが、分かれ道のところには折れた看板が落ちていて、別にやや下りの道がある。
壊れた看板には峰と書かれていて、マジックで申し訳程度に廃村と書かれている。

「こっちか?」

友人の判断でもう一つの道を選択。

ゆるゆると下っていく。
道が細くなり、途中おんぼろの木の橋を渡り、何度も道を塞いで倒れている木を乗り越えて進んでいく。
やがて、人工建造物らしきものが見えた。石垣だ。

これは。。。
[PR]
# by reddragon_samael | 2007-12-01 13:40 | ちょっとやんちゃなたわ言

廃村ツアー①

僕はあまり観光名所というものに興味がない。
しかし、普段接触しないものを見たり、聞いたり、感じたりするのは、好きだ。
というわけで、友人の思いつきにより、廃村を訪れることにした。
廃墟には、以前から興味があった。滅びの美しさや儚さが垣間見えるかもしれない。
場所は、奥多摩。最寄り駅は、鳩ノ巣駅だ。

10時30分ごろ中央線のホームで待ち合わせ、都心から離れていく中央特快に乗り込んだ。
立川で青梅線に乗り換え、青梅着。
奥多摩方面へはあまり電車の本数がない。
30分の空きができたので、青梅で一息いれることにした。
駅のホームで売っている「おもひでそば」と「おもひでうどん」が目に入る。
ぼろぼろの券売機。しかしなぜかSUICAは使用可能。ついでにSUICAのところもぼろぼろ。
何だったんだアレはと気になりつつ、ホームを降りる。

看板は「ようこそ昭和の町、青梅へ」と書いてある。
何が昭和なんだと悪態をついていると、やたらと手書きされた映画のポスターが駅の中で貼られているのが目につく。

「これが昭和の正体か」

よく知らない映画の手書きポスターの中に「鉄道員(ぽっぽや)」が混じっている。
高倉健はいいとして、広末涼子の顔がなんか怖い。
どうでもいいけど、おまえは昭和じゃないだろ。(調べてみると1999年公開。はい、平成)

青梅の駅前はやたら昭和を強調している。主に映画だ。
シネマチックロードなる道があり、なんだなんだととりあえず行ってみる。

入り口から入る。すぐ出口。10メートルあるだろうか。

「…………」

いや、映画にまつわるものは一切なかったんですけど。
ただの地元のショートカット用の道にしか見えない。

そんな青梅の町をちら見して、目的地に向かう列車に乗り込んだ。
奥多摩はどういうわけか大人気らしく、電車の中は盛況だった。
以下友人との会話。

「紅葉?」
「そういう季節か。このうち廃村に行く人はどれだけいるんだろうか」

電車に揺られていると、青梅までの風景とは様変わりする。
そして、秘境オーラを漂わせ始める。

とりあえず、当然駅には駅員がいません。
ええ。でも、SUICAはばっちり使えます。

ついに鳩ノ巣に到着。
目の前に立っていた外国人親子もなんと目的地は鳩ノ巣!
インターナショナル!
登山客らしい人たちもぞろぞろ降りる上に、駅を出たところに登山案内が書かれている。

「おいおい、廃村て、そんなに本格的に登山するの?」
「そうらしいな」

ザ・無計画。
ご利用は無計画に。

さあ、どうなる廃村ツアー。
[PR]
# by reddragon_samael | 2007-11-18 21:30 | ちょっとやんちゃなたわ言
だから何って感じですが。

第二のさくら現る。
ちなみに第一のさくらは、まったく返事がないのを鑑みるとやはり「さくらだったのだ認定」済み。

この人たちのパターンは、なぜか皆男で登録されているという点だ。
偽装するならちゃんとしてくれ。

そしていきなり携帯メアドを晒すという点だ。
偽装するにしてもいきなり晒すのは怪しさ倍増ですがな。

前回は、出会い系サイト内で捨てアドレスを相手に送りつけるという安全策だった。
今回は敢えて虎口に飛び込んでみようかと思う。

とりあえずパソメールで送ってみるぜ。

さくらはしっぽを出すのでありましょうか!

普通に友だちがほしいなあ……とか思ったりする猛暑の夜。
[PR]
# by reddragon_samael | 2007-08-18 00:01 | さくら大戦?