廃村ツアー③

ついに廃屋を発見!

友人撮影。

e0092736_132367.jpg


さらに見捨てられた神社。
罰当たりにも中を覗くと、御神体は捨てられたホース……なのか。

こうして見るとそこは、完全に森の中にあった。
もっと開けた場所にあるイメージをしていた。
道も踏み固められただけで辛うじて見分けがつく山道があるだけで、当然電線なんかもない。

生々しいゴミが落ちている。
古い空き缶や茶碗、急須。誂え向きの人形。

e0092736_1322025.jpg


どっひぇー。

コンクリートで作られた箱型の水をためる何か。
金魚でも飼っていたのかもしれない。

さらに道を行くともう一つ廃屋がある。
こっちは原型を留めていて、木造二階建てだ。

e0092736_1371174.jpg


中には、はしごもたてかけられているようだった。
あちこちに酒のビンらしきものが落ちている。

建物らしいものは、周囲を見渡しても他には見当たらなかった。
さらに続く二つの道がある。
双方ともにある程度足を延ばしてみたが、何も見つけられなかった。
しかし、日が暮れる時間も考慮しなくてはならなかったので、適当なところで引揚げることにした。

行きに比べると帰りは楽だった。
膝には悪そうだった。
石がごろごろしているのすぐ転びそうになる。

駅まで辿り着いた僕らは、駅前にある簡単に食事できそうな店に入った。
まだ電車が来るまで時間があった。

その店では軒先で鴨の羽根をもいでいた。
ついでに店の人は、入ってきた僕らに反応しない。

「一番早く出てくるやつください」

と言うも、普通にきのこ山菜うどんを頼むはめに。
そして、出てくるのが遅かったので、結局次の電車に乗れず、そのまた次の電車に乗ることになった。

なんだそれ。

ちなみに山菜うどんは普通だった。別にうまいもんでもない。
んでもって、店を出るとき、二羽目の鴨の羽根をもいでるし。
何羽撃ったんだ……

何かすげー疲れたんですけど、最後。
[PR]
by reddragon_samael | 2007-12-19 01:37 | ちょっとやんちゃなたわ言