レッツ・ゴー・トゥ・フジヤマ! 二の章

フジヤマ挑戦二日目。

予定通り6時に起床。バトル開始。

富士山行きのバスで約一時間。富士山五合目に到着。

八時ごろ須走口から登頂を開始する。この日は富士山は霧に覆われている。白い靄が視界をさえぎる。

そんなわけで景色を楽しむ喜びをほぼ喪失。見えるのは、わずかな草木、砂、砂、砂、岩。おわっとる。

途中の山小屋のたびに休憩しながら、6、7、7.5、8、8.5合と突き進む。
ええ、特にネタもないんです。

防寒着は十分でした、はい。8.5合目までTシャツでございました。
くっそー、あの警官め。びびって損した。

高山病とも感動とも無縁のまま、たくさん登ってる他の老若男女を眺めつつ、頂上到着。
2時だった。

あれ? ここ9号目じゃないの?? と思ってしまうくらいに拍子抜け。

あっさり過ぎる。なんじゃ、想像を遥かに上回る、この達成感のなさ。

……美しい雲海だけが僕を慰めるのだった。
[PR]
by reddragon_samael | 2008-08-20 06:31 | ちょっとやんちゃなたわ言